瀬川陣市 フォトグラファー 公式サイト

フォトライフコンシェルジュとして 写真家・講師・ライター などで活躍、フォトララ写真未来研究所代表

歳時記

お花見

2016/09/08

桜の季節、桜自体はもちろん撮影しますね。ですが、お花見をしている風景というのもとても絵になるものです。

お花見をしている人々は最も幸せそうなシーンのひとつに感じます。この時期、どこかわくわくしてくるのは、桜がさくことでたくさんの人がウキウキしているのではないかと推測したりしてます。そんな幸せなお花見のシーンを風景写真として撮ってみませんか?

桜を撮る人を撮る

hanami-01
桜を撮る人というのもいいシーン。桜と人物どのように組み合わせるかがおもしろいところ。

お花見している場所に行くと、ケータイのカメラやデジカメで写真を撮る人たちだらけです。いまでは、ケータイ=カメラのようなものですから、誰しも日頃からカメラを持ち歩いているようなものなので、すぐに取り出して撮影します。

きれいに咲き誇っている部分では、桜に向けてカメラを向ける人の群れなどができます。その全体像などは桜のある風景としてはいいシーンです。何かに熱中している人たちというのは、見ていてもなぜかひきつけるものがあります。そこってひょっとしたらシャッターチャンスかも!?

桜を語る人を撮る

hanami-02
桜を語る人、いろんな語り方があります。語るときも嬉しいそうにしている人が多いのが、お花見の風景。見ているだけでもこちらもしあわせになりそうです。

桜を語る人、いろんな情景を思い浮かべることができます。アベックで語り合う人、グループでわいわいやっている人、親子で語っている人・・・その組み合わせごとの人間関係でいろんな話題で盛り上がっています。

ここでアップした写真は、枝垂れ桜を解説するガイドさん。これも桜を語る人ですね。きっとボランティアでやられているガイドさんなのでしょうが、桜を愛する人が語る桜の話は、きっと暖かみがあることでしょう。そんな感情までも写真で表現できたらいいですね。

桜を楽しむ人を撮る

hanami-03
春が来たなぁ、と感じるシーンですね。この浮かれかたを見ているほうも浮かれてくるから不思議です。見る人を笑わせるという癒しもあるんですね。

なんといってもお花見会場では、人々は楽しんでいます。笑い声も耐えません。そこにいるだけでどこか浮つきながらも楽しい雰囲気は伝わってきます。

お花見=楽しい、というテーマで撮り歩いてみてもいいでしょう。特に宴会などで盛り上がっている方たちで撮りたいと思う方がいれば、気軽に「撮らせてもらってもいいですか」と声をかけてみると、OKをくれる場合が多いかもしれません。それもやはりお花見で気持ちが開放的になっているからでしょう。

開放的に楽しんでいる人たちの写真、見ているほうも楽しくなります。

待つ人を撮る

hanami-04
宴会の場所取りなどで、待つ人。これもお花見ならではの風景。待つ風景というのもいろんな人間模様が垣間見られて興味深いものです。

お花見の会場では、なるべく見やすい場所を取るという場所取り争奪戦も行われています。早くに来て、ビニールシートなどを敷き、しっかり場所をキープしているグループもたくさん見受けられます。まだ宴は始まらないのだけど、場所取りのためにそこで待つ人、これもお花見ならではの風景です。

暖かくなって眠ってしまうひと、読書などして待つ人、ぼんやり桜を眺める人など待ち方は様々。お花見全体の風景として、これら待つ人というのを加えてみてもおもしろいかもしれません。

なんとも哀愁の漂うシーンになったりするかもしれませんね。

ただ、眠っている人など無防備になっている方をおもしろがって撮るようなことは慎みたいものですね。そのあたりは撮影するときのエチケットに準じて行いましょう。
さて、あなたのお住まいの地域でのお花見の時期はいつ頃でしょうか。ぜひ、桜の花だけではなく、お花見会場なども季節の風景として撮ってみてはいかがですか。

-歳時記
-,