瀬川陣市 フォトグラファー 公式サイト

フォトライフコンシェルジュとして 写真家・講師・ライター などで活躍、フォトララ写真未来研究所代表

LCC、ローカルエアラインの写真撮影も楽しい

2016/07/20

格安航空会社のLCCの認知度は旅好きなユーザー間だけではなく、一般的に広く知られるようになってきました。それに伴い、ローカルエアラインと呼ばれる地方空港を拠点にする短距離路線を専門とする航空会社にも脚光が当たるようになっています。

このLCCとローカルエアラインは単に移動手段としてだけではなく写真を撮る対象としても多彩なシャッターチャンスがあります。

air-01
ローカルエアラインは短距離路線が多いので、機体も小型飛行機が主流。あまり見かけない飛行機の機種を探してみるのも楽しいです。

air-02
上の写真はIBEXエアラインズ。ポンバルディアのCRJシリーズと呼ばれる小型ジェット機を導入。主翼が機体のやや後方にあり洗練されたイメージが印象的。ビジネスジェットといった感じも漂わせてます。
仙台空港を拠点に成田から小松、広島間、伊丹から仙台、福島、新潟、大分間などを結んでいます。

air-03
飛行機の機種にあまり詳しくなくても楽しめるのが機体のデザイン。LCCでは特別デザインの機体がお披露目されることもあります。
上の写真は、Peachの篠田麻里子特別塗装機、通称「マリコ・ジェット」。Peachが成田空港に就航する初便に合わせたプロモーション機。こんなデザインを追ってみるのも飛行機撮影の楽しみのひとつです。

air-04
いま小さな航空会社という切り口で話題を集めているのが、天草エアライン。たった一機の飛行機をやりくりして毎日熊本県の天草を中心に運行している航空会社です。
上の写真は旧デザインのもの。現在はイルカがモチーフになったデザインの機体。
一機しかない飛行機で限られた条件のもと、アイディアを活かして人気を呼んでいて、中小企業の優良ビジネスモデルとしても話題を集めています。このような会社の話題性から飛行機を追ってみるのも一興かも。

air-05
ローカルエアラインは小型機が使われることが多いので、搭乗するときは飛行機まで歩いていきタラップを上がる場合が多くなります。これは飛行機に近づけるのでここはシャッターチャンス!
ただ、搭乗の際や降りるときに撮影で長々とタラップ周辺で立ち止まることは避けたいもの。出来るだけ手短に撮影は済ませられるようカメラの準備は事前にしておくのがいいでしょう。
このようにLCCやローカルエアラインは大手の航空会社にはない切り口がそのまま写真撮影に活かせます。次回空港に行くときは、小型機にも注目してみてはいかがですか。
Jun-04 2015 up


-
-, , ,