瀬川陣市 フォトグラファー 公式サイト

フォトライフコンシェルジュとして 写真家・講師・ライター などで活躍、フォトララ写真未来研究所代表

武雄図書館のある佐賀県・武雄の行き方

2016/07/20

市立の図書館がTSUTAYAと提携して図書館をリニューアルして話題となった武雄図書館。最近、全国にオープンしているスタバとTSUTAYAが提携した「ブックカフェ」の先がけともなった場所でもあります。
いまだに多くのひとがこの図書館を目当てに武雄に訪れているようで、私も一度は行ってみたいと思っていたところ今回訪問のチャンスを得ました。そこで武雄図書館とその周辺の観光地についてまとめてみました。

最寄駅は武雄温泉

武雄図書館のある武雄市は佐賀県にあります。焼き物で有名な有田焼の有田に隣接している市です。
博多からJR特急で約1時間、佐世保からJR線で約40分、ハウステンボスから車で約40分で行けるロケーションです。
今回は電車で武雄温泉から徒歩で歩いて回ります。

takeo-01
武雄温泉駅から武雄図書館までは徒歩で約15分ほど。行き方も幹線道路をたどっていけば着けるのでわかりやすです。道には表示もあるので迷うことは少ないでしょう。

takeo-02
武雄図書館の看板。図書館内にスターバックスが入ってるので堂々とマークが表示。公立図書館としてみれば異例。この革新的なところに話題が集中しました。

takeo-03
武雄図書館の入口と全景。図書館内は撮影禁止のため撮影したのは外側からだけ。入ってみた印象は、雑誌などで館内を広く撮った写真を見慣れていたせいか、案外狭く感じました。TSUTAYAブックも入っているので、セル用の書籍や雑貨も陳列。スタバで購入したものは館内での飲食はOK。

武雄神社の大楠は必見

武雄図書館から歩いて10分ほど行ったところに武雄神社があります。735年創建の古い神社です。
武雄神社の御神木が「武雄の大楠」と呼ばれる巨木。なんと樹齢3000年の楠で、巨木としては全国7位となるそう。この大楠は必見。この場に行かないとわからないものを感じられます。

takeo-04
武雄神社。武雄図書館からまっすぐ歩いて10分ほどのところにあります。御船山という小高い山の一角に神社はあります。

takeo-05
武雄神社の裏手にある御神木の大楠。神々しさを感じます。写真からでは伝わらないものがここでは感じることができます。

最後は武雄温泉でさっぱりと

最寄駅が武雄温泉という名前なのですから、ここは温泉地です。図書館と武雄神社を歩いて回ったら最後は武雄温泉に浸かってさっぱりするというのはいかがでしょう。

武雄温泉には公衆温泉が3館あり、手ぶらで訪れても入浴できます。銭湯に入る感覚と料金で温泉を楽しめます。

takeo-06
武雄温泉の楼門。武雄温泉のシンボルでもあるこの建築物の設計は東京駅をつくった辰野金吾。釘を一本も使わず建てられていて、国の重要文化財に指定されています。

takeo-08
楼門をくぐってすぐに公衆温泉の入口があります。元湯と蓬莱湯は大人400円。鷺乃湯は露天風呂がついていて大人600円。レンタルタオルは200円。手ぶらでいっても入浴できます。

takeo-09
楼門と同じく国重要文化財に指定されている武雄温泉新館。古い温泉の浴場などを見学できます。無料なのでここも見学しておきたい場所。

takeo-10
武雄温泉新館にある浴場のひとつ。かつて使われていた浴場や宴会の間などを見て回れます。古い木造和風建築を楽しめる場所です。

June-17 2015 Up


-
-, , ,