瀬川陣市 フォトグラファー 公式サイト

フォトライフコンシェルジュとして 写真家・講師・ライター などで活躍、フォトララ写真未来研究所代表

パンダのシャンシャン観覧先着順の待ち時間はどれくらいかかるのか?

上野動物園のパンダの観覧方法が2018年6月5日からこれまでの整理券方式から先着順方式に変更になりました。シャンシャンの写真を撮りたいと思うファンも多いのですが、先着順になるとどれくらいの待ち時間になるのか試してきました。

事前チケットがあるほうが断然早く入場できる

上野動物園のメインエントランスは2018年6月現在、改修工事中。右側にエントランス門が設けられていてそこから入る形になっています。

開門前の列の並びは、左側が年間パスまたはチケット所有の方、右が当日の入場券を購入する方に分けられます。

上の写真は、チケット購入の自販機前の風景。ひとりずつ購入するために時間がかかります。事前にチケット所有している列のほうが早く入場は可能です。

週末と平日での開門前の混雑状況は大きく変わる

上野動物園の開門時間は午前9時半です。少しでも早くパンダの観覧をしようと早くから開門を待つ人たちが列を作っています。
こちらは平日の午前9時過ぎにチケット所有の列に並んだときの状況。エントランス窓口までは割かし近い位置に入ることができました。

そしてこちらは週末の土曜日の午前9時10分過ぎにチケット所有の列に並んだ時の写真。メインエントランスが遠くに見えるくらい長い列になっていました。このときは、当日に入園券を買う列より、チケット所有者の列のほうが断然長かったです。事前にチケットを用意して待ち時間対策している方も多くなっているのかもしれません。

開門前の混雑状況は、天候や曜日によっても変化します。ただ、一般的に週末のほうが混雑は増える傾向にあるようです。

入園してからの待ち時間は長くなることも

上野動物園に入園したら、今度はパンダ観覧の列に並ばなければなりません。開門前から多くの方が待っているのは、この観覧の列に少しでも前のほうに陣取りたいからです。多くの方がパンダの観覧目当てで入園しますので、ほとんどの方がこの列に並びます。つまり時間が経つごとに待ち時間がながくなっていくわけです。

パンダの観覧待ち時間の目安は最後尾に示されます。土曜日に並んだていたときに、待ち時間の目安が場内アナウンスされていました。そのときは、午前9時50分で最後尾が120分待ち午前10時10分で180分以上待ちとのこと。週末は午前10時を過ぎて入園してからパンダ観覧の列に並ぶと3時間以上は待たなくてはならないということです。

週末は午前10時すぎに入園してからパンダ観覧列に並ぶと数時間待ちは覚悟したほうがよさそうです。

よく寝る子シャンシャン

行列の待っていよいよシャンシャン親子にご対面です。こちらがパンダ舎のエントランス。雨天のときなどは室内、それ以外のときは屋外放飼場にパンダはいます。

何回かシャンシャンを撮りにいきましたが、すべて寝てました。そしてときおり動くという感じ。シャンシャンはよく寝る子です。

それでもその愛くるしさ見たさに毎日たくさんのファンが訪れています。パンダの観覧も歩いて見学するように促されます。後ろでまっている人の数を考えると立ち止まってじっくりと鑑賞するといことはできない様子。それでも写真を撮るチャンスはあるのでシャンシャンを撮りたい方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

-